まったりグラブル日誌

土パマンを目指す平凡な騎空士が自由気ままにまったりと独り言を垂れ流すブログとなってます

土パマンへの道②

今回は武器について語っていこうかなと思うんですが、その前に一つだけ前回のことについて訂正します

 

属性×ティターンティターン×ティターンの下位互換みたいな書き方をしましたが、属性×ティターンティターン×ティターンにはないメリットがあるということです

 

ーーーーーーーーーーーーーーーーー

そもそも、グラブルのダメージ計算は雑に分類すると

 

(通常攻刃枠)×(方陣攻刃枠)×(unknown攻刃枠)×(属性枠)

 

という感じの計算式になります(背水・技巧・渾身などは今回は省きましたが、別枠計算になります)

 

そして、有利属性(例えば自キャラが風で相手が土)ならば属性枠に50%が加算されます

 

つまり、ティターン×ティターンは召喚石加護の属性枠には頼らず、有利属性にのみ発生する属性枠で火力を出すという編成になるわけです

 

何が言いたいかというと、装備が揃ってないなら下手にティターン×ティターンするよりも属性×ティターンの方が火力が出るということと、属性×ティターンの方が敷居が低いということです

 

装備が整えば背水や技巧などの別枠計算で容易に上限ダメージを出せて、マイムールのDAUPでダメージ期待値も上がるからティターン編成は輝くのであって、マイムールを積まないならマグナ編成でいいと思います

 

ーーーーーーーーーーーーーーーーー

前回の訂正(補足?)はこれくらいにして、土属性の武器について

 

マイムールヴィジョン

  攻刃(大)/HP-10%/技巧(中)/二手(中)

無課金でも手に入り、課金編成でも現状外れることがない武器(土に二手が少ない&三手がないのが悪い)

強力な効果を3つ持つがHP-10%のデメリットもあるため多く積むことは難しい

 

・裁きの鳴雷

 攻刃(大)/守護(小)

守護と攻刃を持ったバランスのいい武器

マイムールのデメリットを相殺するためにいれやすい

裁きの鳴雷である。断じて裁きの雷鳴ではない

 

・グローブ・オブ・ウリエル

 ウリエルの祝福/神威(小)

最終ダメージにSRなら1.1倍、SSRなら1.2倍の倍率をかけるため今後もほぼ編成から抜けることがない武器(ただし有利属性に限る)

 

ロモンドライブ

 攻刃(大)/背水(小)

無課金でも手に入る優秀な武器

斧なので素の攻撃力も高く、困ったら入れておけばいい

 

・白虎咆哮

 攻刃Ⅱ

四象で手に入るなかなか優秀な武器

先日のアプデで第二スキルにダメージ上限UPや技巧を付けれるようになり株が上がった

中でも技巧が付く「白虎咆哮・王」は、スキルだけでいえばガチャ武器のアッキヌフォートと同じである

 

・裁考天の鳴弦

 unknown攻刃(特大)

ゼノ・ウォフマナフ撃滅戦で手に入る非常に優秀な武器

SL.15で23%のunknown枠攻刃となるため、かなりの編成に入る

ただし、奥義効果に微量ながら回復がついているため背水と組み合わせるならメインにしない方が吉?

 

世界樹の晶剣・マグナ

 方陣攻刃Ⅱ

マグナ編成の軸となる武器

第二スキルがないため最近は価値が下がっている

 

 

ーーーーーーーーーーーーーーーーー

こんな感じですかね(o´Д`)=зフゥ…

 

ガチャ武器は僕のあずかり知らぬ所なので('ω')スッ

 

次回は具体的な編成について

 

 

ーーーーーーおまけーーーーーーーーー

ランク129にしてシュヴァマグ三凸()

f:id:qwerty9981:20170602092645p:image